子供がピアノレッスンを楽しめるためには

ピアノ教室に通い始めて上達するためには、やはり何より楽しむことが大切です。
まだ小さい子供のうちは、1曲が無事に弾けた際に先生から、花まるをもらえたり、可愛いスタンプをレッスンノートに押してもらえたりするのが楽しいものです。
スタンプをもらうために、頑張って練習をする子も見られます。
家庭でも、花まるやスタンプノートを親も一緒に見てあげて、褒めてあげることで、よりいっそう子供もレッスンが楽しくなるのではないでしょうか。
親が褒めてあげることはとても大切です。
家での練習でも、上手に弾けているねと一言褒めてあげることで、子供はピアノが好きになってレッスンに行くことも楽しみになるはずです。
また一緒にメロディーを口ずさんだり、隣に座って聞いてあげたりするのも良いでしょう。
友達と一緒に演奏したり、人前で演奏したりするのが楽しみだという子もいます。
そうした子の場合、グループレッスンが受けられたり、発表会でもグループ発表会が行われるようなピアノ教室であれば、楽しみも増えます。
発表会で演奏を披露した際には、親は子供の曲をテープにダビングしておきましょう。
家で一緒に家族で聴けば、子供も自分の演奏を客観的に聴けて、面白く感じるものです。
テープはドライブ中に車内で流すのも良いですね。
いろいろと弾けるようになってきたら、子供が好きな歌謡曲や流行りの曲の楽譜を買ってあげて、それを練習するのも弾き甲斐があります。
例えば講師によっては、基本のソナチネなどの練習以外に、何か弾きたい自由曲を選ばせてくれる場合もあります。
発表会で弾く自由曲も選べることがあります。
そうした際に、子供が好きな曲を選ばせてあげると、それを弾けるようになりたいという気持ちも高まり、弾けたときの感動もさらに高くなります。
次はあの曲が弾きたいと言い始めれば、どんどん練習も楽しくなってきている事が見てわかるので積極的に好きな曲を弾かせてあげましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ