いくつになってもピアノは弾ける

ピアノというのは子供のころから習っていないと弾けるようにはならないというイメージが強い楽器ですが、実は大人になってからでも十分弾けるようになります。
もちろん、大人になってから始めた場合、思うように指が動かなかったり、リズムをとるのがむずかしかったりと、子供の頃からピアノを始めて長い期間習っている人に比べたら苦労することも多いのは事実ですが、それでも思い切ってレッスンを始めれば、そしてあきらめずに続ければ必ず両手で弾けるようになるのです。
子供は身体で覚え、大人は頭で理解するため、大人と子供ではレッスンの仕方や内容も違ってくるのが当然です。
むしろ、大人に対して子供と全く同じやり方をしようとするピアノ教室なら、ちょっと考えた方がよいかもしれません。
大人の場合、自分の弾きたい曲だけを習って弾けるようになりたい、つまらない練習曲はやりたくないという人も多いからです。
実際のところは、練習曲というのはピアノを上手に弾くために考えて作られていますから、これを採りいれることは上達への近道になります。
簡単なドレミがふってある大人の楽譜で行うピアノレッスンだけを受けるのも、それはそれで楽しいことですが、ドレミがふられていない楽譜だとお手上げというのではちょっともったいないと思います。
大人だからこそ楽譜の読み方もマスターして、少しくらいつまらなくても練習曲を集めた楽譜も採りいれながら、自分の弾きたい曲を練習していくというかけもちをする事で、かなり上達のスピードは上がると思われます。
頭で理解しようとすることが障害になってなかなか前に進めない時もありますが、理解することでピアノが弾けるようになることもありますので、あきらめないことが大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ