どのくらいの頻度で通うべきか

ピアノ教室は小さな子どもから大人まで、誰でも通うことができるところです。
子どもの頃に通いたかったものの、家庭の事情で通えなかったという人は、大人になってからの趣味として通うこともあります。
いずれにしても、どのくらい上達したいのかという目的に合わせて教室を選ぶことが大事です。
また、いつまでにどの程度まで上達したいのかという目的によって、レッスン頻度も違いが出てきます。
社会人の場合、仕事の関係で頻繁に通うことは難しいものがあります。
休日限定で通うとなると、レッスン頻度は少なくなってしまうはずです。
日常生活に支障が出ない程度に、楽しく通えるようにすることがポイントです。
ピアノ教室は大規模なものもあれば、小規模なものもあります。
個人で自宅を開放しているというところもあります。
この場合、マンツーマンで教えてもらえるという利点があります。
ただし、その家庭の都合に合わせてレッスンを受けられない日もあるはずです。
大きな発表会などに参加したいという人や、将来、ピアニストになりたいという目標を持っている人などは、頻繁に通えるようなところを選んだ方がいいかもしれません。
ところが、個人で教えてくれる人の中には、若いころ、ピアニストとして活躍していたという人も居ます。
結婚をして主婦になったことで、ピアニストを辞めてしまったという人も居るので、必ずしも個人を避けるべきというわけではありません。
通いやすさや目的などに合わせて、大手がいいのか個人がいいのか、選択することをお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ