ピアノレッスンは自分の好きな曲で受けよう

一般的には、ピアノを弾ける人というと、初見の楽譜でも自分で読みこなして弾くことができる人のことを想像なさる方が多いでしょう。
それくらいまで上達するためには、楽譜の読み方や指の動かし方などの基礎を練習し、基礎的な曲を弾く練習から始めて、徐々にレベルの高い曲に挑戦していくという地道なレッスンが必要になります。
そうなると、ちょっとピアノを弾くことに興味があるという程度の思いでは練習を続けていけそうもないから……とピアノ教室に通い始める前から諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。
でも、実際には、ピアノ教室というのはもっと気軽に通うこともできるものです。
現代では、ピアノが上手くなりたいのではなくピアノで好きな曲を弾けるようになりたい、というニーズを持った生徒をターゲットとしたレッスンを行っている教室もたくさんあります。
そういった教室のレッスンでは、次はこの曲を弾きなさいと講師が提示した曲を生徒が練習するのではなく、生徒が弾いてみたいと思った曲を講師の指導の下で練習することになります。
そうすると、上達すればするだけ、自分の指で好きな曲を奏でられるようになっていく訳ですから、講師に指定された曲を仕方なく弾く場合とは違って、高いモチベーションを保って練習を続けやすくなることでしょう。
ただし、自分の好きな曲を選ぶ際の自由度は、教室によって異なっているので注意が必要です。
レベル別に分類された曲集が用意されていて、該当レベル内の曲であれば生徒が自由に選べるようにしている教室もあれば、演歌やJ-POP、映画音楽やクラシックなど身の回りに溢れている曲の中から自由に弾きたい曲を伝えて良い教室もあります。
レベル別に分類された曲集を用意している方の教室は、いきなり高難易度の曲に挑戦して挫折してしまう心配がないのがメリットで、制限がない方の教室は、本当に心から弾きたい曲だけを集中して練習できるのがメリットと言えます。
どちらのメリットに惹かれるかを考えた上でピアノ教室を選び、自分の好きな曲でのレッスンを楽しんでみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ